読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポッポ屋のブログ

喫煙者の日記です。

ブログ始めました。

ツイッターの140文字制限だとどうしてもタイムラインあらしみたいな感じになって送信ボタン押すのが悪い気がしてて、まあそれなら長文でも書けるブログの方がいいかな、と思ってブログを開設した。

写真とかはinstagramに投稿するので、ここは文字だけになるんじゃなかろうかと思ってる。

僕自身の知的欲求傾向として地政学なり軍事学なり形而上的な推論とかが好きなのでそっち方面の話題が多くなって、読む人にとってはつまらないものが多くなるように思う。

一応呼んだ本なりブログなり鑑賞した映画美術等々、聴いて感慨深く思えた音楽などについてもその時盛り上がるであろうテンションでもって書くこともしばしばあるとは思うが、そんな状態でうまく文章という一表現に落とし込めるならもうとっくになんちゃら賞でも取ってると思うので、読みづらいことに変わりはないのかも知れない。

文章を書く理由として、第一義が僕の脳の劣化を遅らせるためであるから致し方ない。読ませる文章は本当の意味で脳、特に前頭葉な部分を刺激するので、そういった文章を書く方が良いのだろうが、小説をたまに書いてはののしられるような経験をしているので、脳の劣化を遅らせると言う目的に対しては幾分疲労が溜まりすぎるので、そこら辺は鑑みない。

第二義は文章を書くと雑然とした思考が形(情報)として表現されるので、筆者である僕自身も読者になることができて、つまりは僕それ自身を客観視できうるだろうという期待に他ならない。僕の身体をのぞき見るには鏡を持ってこなければいけない。一応脳のどこぞに磁気で刺激を与えれば幽体離脱を経験できるというエキサイティングな実験があるらしいがそんな器具は僕のワンルームにあるはずもないので、身体はすでにあるから写真なり鏡なりで映して見ることはできるが、その精神(精神なるものが在るかどうかはさておき)を見るには文章その他しかない訳で、僕は僕を表現するために旋律を奏でたり、絵を描いたりはできないので、文章に頼るほかないという次第。

ただ、じゃあ文章で自己を表現できるのかと問われれば畢竟わからないわけで、その表現された物が適当なのか不適当なのかを問わなければならないが、もうそうなるとめんどくさい。

こんな七面倒な事をわざわざ述べたのは第三義につながるからだが、射精と同じで、僕は男だからなのか、何かを放出すると気持ちよさが生じる気質がどうもあるらしく、今も雑然とこの文章を筆記しているがドーパミンやらじゅわじゅわ出ているんだろうなという感覚を覚えている。つまりこれは一種のオナニーでしかない。

第四義は、時間を費やすのにも多種多様な方法があるが、書くという行為が、他の「寝て過ごす」「テレビを見る」「本を読む」「映画を見る」というような受動的時間消費と比べて、その過ごした後未来から過去を俯瞰したときのしょうも無い人生送ってるな感が少々マシに思えるという経験則が僕にはあって、やはり受動的行動よりも創造的行動の方が世の中的にどうかはさておき僕個人にとっては有意義であるといえるから書くわけだ。ただ、創造的行動でも多種多様な方法があって、「絵を描く」「演奏する」「彫刻を彫る」「写経する」「花を育てる」といった時間消費方法を知らないではないが、書くことが他と比べて優位である点は金がかからないことにあるのだ。僕は日本列島の上で住んでいるが、日本列島上で生活する人間の中ではなかなかな低所得者層に属していて、その日本列島上でも有数の貧乏人のメッカに住所を持っているので、しかも身体が五体満足な上に社会的判断において精神も病気ではないと判定されるレベルの汚染度なわけで、つまり働かなければ生きてはならないと設定されているので、日本国政府からはびた一文も援助は期待できないとなっている上に、税金をちゃんと払えとの命令を粛々とこなす身分にあるので、なかなかに骨をきしませながら、我が暮らしが楽にならざりと指紋が消えた手を眺めているわけである。話を戻せば、絵を描きたいとおもっても画材を買う余裕がなく、さらにゴッホのように生活をさらに困窮させてまで絵を描く意欲もない上、ゴッホのように絵が掛けるわけでもないのでもしとち狂って一念発起で油絵の具なんてロフトで買ってきた日には画材がタンスの肥やしになるだけでなく、後におそうであろう喪失感は半端ないものになるだろう予想が容易にたつので絵は描かないとこうなる。そのような調子で音楽彫刻写経その他諸々は僕にとってはどれも高尚な遊びに思えるので、一番廉価で最もみすぼらしい割にはやっている感のある創造的行為である書くことを採択したわけだ。思うに、僕が後200年ばかし過去に生まれていて字が書けない読めない人生を送っていたらどうなっていただろうと思うと、どんなに憎らしい現代でも少々好きになれるのでこの思考展開はなかなか儲けものだと思っている。

こういうことを四の五の言って腐って死にたいと思っているのでツイッターでは役不足なのだ。こんなことをタイムラインで垂れ流しているやつがいたら一刹那(75分の1秒)の思考時間でフォローを外すだろうし、HTML情報をブラウザがレンダリングし終える前までにブロックは完成させ、流れるように運営に通報する事だろうと、少しは思ったが、よく考えるとそもそも興味関心がないのだからスマートフォンならば指を長めにスィ~として終わりな気がする。