読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポッポ屋のブログ

喫煙者の日記です。

アバターを見たので感想をば

公開が2009年なので7年遅れになるのか。やっと全部観られたのはAmazonプライムのおかげ。

宣伝はさておいて、本編の感想を。

いやはや、映像は凄い。話なんてどうでもよくなるくらハイファンタジー世界を映像化してて凄い。

突っ込みどころがない。ファンタジーって破綻がやっぱり目につくんだけど、それがなくて物語に没頭させることができるのはやっぱり映像先進国のアメリカ様しかできないんだろうな。

あと、大佐がかっこよすぎて濡れる。息止めて冷静に戦闘し続けるところとか惚れる。ランバラルを思い出した。

日本のアニメっぽいなと思うところが所々あって、全体的にはもののけ姫っぽいし、フィナーレの戦闘シーンで生物たちがヘリに襲いかかるところとかナウシカっぽいし、てかヘリのデザインが未来少年コナンで見たような形してるしで最高。

てかアバターを初めて操作するところとか神経シンクロ云々言っててエヴァンゲリオンぽいなとも思った。

人間辞めるところとかは攻殻機動隊っぽいし、歩行ロボなんてボトムズのスコープドックまんまやしで、なんか日本の傑作アニメのいいとこ取りして最高の実写にしてみましたって映画で度肝抜かされた。

日本ではできないことをしてくれてしびれるしあこがれる。

 

肝心な筋なんだけど、まずアメリカ人が作ったってことでインディアンを虐殺したことの反省なのかなと、やっぱりそういう目で見てしまう。

そういうのを抜きにして思い返すと、人間は徹底的に悪なのはちょっと幼稚かなとも思う反面、インベーダーはどうあがいたところで悪にしかならないということなのかもしれんなとも思うしで、うーん。

人間が侵略する目的が金オンリーで株主を満足させるためになんだってする感は現代の風刺としては効いてると思った。

それだけ現代世界が幼稚なのかね。現代世界が幼稚だから現実の鏡たる芸術は引きずられるようにして幼稚になるのかね。

で、自然と人間の付き合い方が主題だと思うが、そう見ると鑑賞者から見ると実にやっかいなことになる。

登場人物自身は新しい体を得て、フロンティアを体一杯に感じて「自然っていいよね!」って満喫して「それ壊す人間ダメ」って素直になれるんだとおもうんだけど、それを観てる僕からすると「お前人工生物の目を借りて見てんじゃん、それ全然自然じゃねえじゃん」ってなるし、人間辞めるところも実に機械的というか魂とか言ってはぐらかしてるけど、途中で無駄に死んじゃう博士が人間の脳以上に神経がどうたらこうたら言ってくれたおかげであの”絆”とか呼ばれてる神経リンクが機械のプラグを抜き差ししているようにしか見えなくて、マトリックス感はんぱねえなってなって「それって仮想現実じゃん」って感想がどうしても浮かんできて、そうなるともうこれが映画で現代のCG技術を駆使して作られてることを思い出しちゃって、最初の「自然っていいよね」って主題が嘘八百に思えて嫌になっちゃうから、映像凄い! 欲だらけの人間最低!って幼稚なところで落ち着かせるのが一番この映画楽しめるなって思えた。

結論、大佐かっこいい映画です。やっぱり筋肉やわ。主人公との初会話はベンチプレス上げながらじゃないとダメですよ。